おきなわ芸能フェスティバルとは?

おきなわ芸能フェスティバルは、沖縄市の豊かな芸能を広く紹介することで本市の魅力を再発見し、合わせて市外、県外の芸能団体を招聘して市民との交流を深め、文化芸能に親しむ機会を提供することを目的に、2015年に開催されました。

 3年目となる本年も、市民とプロのアーティスト、各芸能団体の実演家が力を合わせ、共にまつりを作り上げます。
当日は、会場となる沖縄こどもの国を大きく4つのエリアに分け、それぞれに特色のあるステージをご用意しています。

 水とみどりの広場では「秋祭りステージ」として、どこか懐かしい、ワクワクするような祭りの雰囲気の中で沖縄市の芸能を中心に、名護市、中城村、小浜島など市外からの民俗芸能も披露されます。そして今年は県外からのゲスト団体として熊本県天草市から牛深高校郷土芸能部が出演、「牛深ハイヤ節」を披露します。フィナーレではBEGINの比嘉栄昇さんが登場。出演団体とのコラボレーションで締めくくります。

 ハイビスカス広場では、「ハイビスカスステージ」として、公募により集まった市内外のヒップホップダンスやフラなど多彩なダンス・パフォーマンスが繰り広げられます。
 ZOOスクールでは、新たに「組踊ステージ」を設けました。落語家の桂福龍さんの落語から始まり、沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会による新作組踊「越来真鶴姫」を上演します。さらに着付けや器楽演奏の体験も楽しむことができます。

 ふるさと園では子どもたちに大人気の「あかがーらステージ」を今年もやります。大道芸やマジックショー、紙芝居など親子で楽しめるステージです。その他にもフェイスペイントや、昔あそびのワークショップなど、ご家族で楽しめるプログラムが満載です。

 その他、会場内各エリア毎に設置された「スタンプラリー」や、様々な屋台やキッチンカ―などが並ぶフードコーナーなどがお祭りの雰囲気を盛り上げます。

 一日中楽しめる、ここだけにしかないプログラムをご用意してお待ちしています。是非ご家族でお越し下さい。

おきなわ芸能フェスティバル2017 概要

【主催】沖縄市
【共催】公益財団法人沖縄こどもの国
【企画制作】合同会社沖縄文化空間オーシーズ
【連携】平成29年度沖縄県芸術文化祭(沖縄ミニエンナーレ)連携行事