おきなわ芸能フェスティバル — 沖縄の郷土芸能を体感しよう! —

入場無料
  • 時間12:00~18:30沖縄こどもの国は9:30開園
  • ところ沖縄こどもの国11月3日は入場無料
  1. TOP
  2. 出演者
  3. 泡瀬京太郎保存会

泡瀬京太郎保存会

泡瀬京太郎保存会

泡瀬の京太郎(チョンダラー)は明治39年にコー(がん)の仕立祝・泡瀬ビジュルと川之毛の改修の祝いの出し物として泡瀬で上演されたのが始まりで、今年で113年目を迎えます。昭和33年に泡瀬京太郎保存会を結成、平成17年には「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」として国選択を受けました。「音取」(ニートゥイ)、「馬舞者」、陣笠を被った舞い手、歌三線で構成され、はじめの「早口説」で道行の状況を表し、「扇子の舞」、「御知行の歌」を踊り、「馬舞者」の狂言で京太郎の笑い部分を表現し、最後に「鳥刺し舞」を踊り、敵をすっかり油断させて仇をとるという筋書きです。

ステージ
ニライカナイステージ
TOP