おきなわ芸能フェスティバル — 沖縄の郷土芸能を体感しよう! —

入場無料
  • 時間12:00~18:30沖縄こどもの国は9:30開園
  • ところ沖縄こどもの国11月3日は入場無料
  1. TOP
  2. 出演者
  3. 南城市安座真区伝統芸能保存会

南城市安座真区伝統芸能保存会

南城市安座真区伝統芸能保存会
南城市安座真区伝統芸能保存会

安座真区は、沖縄本島南部の知念半島の先端よりやや西側に位置する集落である。
ヌーバレー行事は旧暦の7月16日、区民がこぞって行われる盆行事で、五穀豊穣や家内繁盛を祈願し、戦前から伝え継がれた伝統的行事である。ヌーバレー当日は、行事の主役ミルク加那志を先頭に道ジュネーが始まる。神アサギの神庭から始まり、各拝所を廻って、最後は設営されたバンク(舞台)に向かってシュネーイを済ませる。そして夕方、多勢の区民が参加する「村アシビ」が開幕される運びとなっている。

・「鳩間節」
県内でも大変珍しい踊りであり、ハーベール(蝶々)を思わせる衣裳は、肩から両手の先まで蝶の羽根が伸びているようで、独特で勇ましい踊りである。

・「谷茶前」
男女6名による踊りで、女3名の「マチナト節」から始まり、後に、男3名が左手に漁火(ティービ)を持って踊るのが特徴である。

ステージ
ニライカナイステージ
TOP