おきなわ芸能フェスティバル — 沖縄の郷土芸能を体感しよう! —

入場無料
  • 時間12:00~18:30沖縄こどもの国は9:30開園
  • ところ沖縄こどもの国11月3日は入場無料
  1. TOP
  2. 出演者
  3. 黒石市・津軽民謡芸能団 千葉勝弘(津軽三味線)

黒石市・津軽民謡芸能団 千葉勝弘(津軽三味線)

黒石市・津軽民謡芸能団 千葉勝弘(津軽三味線)

りんご畑の美しい風景が広がる黒石市は、「津軽じょんから節」発祥の地であり、古くから歌や踊りが盛んな土地でした。今回ご覧いただく踊りのうち、津軽手踊りは、津軽に伝わる民謡、三味線、太鼓に合わせて踊る青森県の伝統芸能です。ハイテンポでリズミカルな動きの中にも味わいと趣がある踊りです。男性が女性のしぐさをまねて踊ったのが始まりと言われ、手のしぐさや中腰の姿勢が特徴的です。最後に踊る「黒石よされ」は徳島県の阿波踊りや、岐阜県の郡上踊りと並ぶ「日本三大流し踊り」の1つとして有名です。ぜひ皆様もご一緒に津軽の歌と踊りを楽しんでください。

千葉勝弘(津軽三味線)
昭和45年に「第2回青森県手踊り名人位」を獲得。昭和48年に「第13回郷土民謡全国大会」において日本一となる。津軽民謡全般(津軽三味線、津軽手踊り等)を生業とし、年間を通して日本全国のイベントや民謡ショーで活躍している。また、黒石よされ学校などの専属講師として、津軽民謡の後継者の育成と発展のために指導を行っている。

ステージ
ニライカナイステージ
TOP